Contents

とっとり伝統芸能まつり

■主催

鳥取県

鳥取県教育委員会

■運営主体

(NPO)プロデュースハレ

 



境さんこ節保存会

演目 境さんこ節

   演目の内容           

古来より境の港は江戸時代から西回りの北前舟の定期航路として人気がありました。 
船頭たちの唄う歌に独特の旋律で唄う飯盛り女の「おさん」(雲州広瀬生まれ)の歌は船頭衆をとりこにし、やがてその名をとって「さんこ節」と呼ばれるようになりました。

団体の概要

男性1名 女性9名 の会員で 週 1回 唄、踊り、三味線の稽古をし、春には桜まつり、夏には港祭りに参加し、各地で催されるイベントに郷土芸能として、参加しています。

プロフィール

境港市に古くから伝わる民謡「境さんこ節」は、北前船が奇港していた時代から境港発祥の民謡として全国に広まりました。「さんこ」独特の節回し・歌詞は日本海有数の港とあいまって経済発展にも大き<貢献して来ました。
安来節の元歌としての名跡は、現在まで唄い継がれてハ代目となります。