Contents

とっとり伝統芸能まつり

■主催

鳥取県

鳥取県教育委員会

■運営主体

(NPO)プロデュースハレ

 



倉吉民踊の会

演目 みつぼし踊り

「みつぼし踊り」は、昔、倉吉市福光のお堂に三人の旅僧が立ち寄り、村の若者に盆踊りを教えた、と伝えられています。
僧侶が三人いたので、「三法師踊り」(みつぼうし踊り)といわれ、これを太鼓、歌、踊り三つで構成するので「三拍子」、それがなまって「みつぼし」になり、文和二年山名時氏が、美作の三星城を攻め落とし、その勝利を祝うとともに、戦死者の霊を弔うために踊ったから「三星踊り」(みつぼし踊り)であるといわれ、霊を弔うために毎年盆に踊られるようになり、現在の「みつぼし踊り」となったと伝えられています。

みつぼし踊りをもっと詳しく