Contents

とっとり伝統芸能まつり

■主催

鳥取県

鳥取県教育委員会

■運営主体

(NPO)プロデュースハレ

 



表彰団体  瀬戸獅子舞保存会

演目 瀬戸獅子舞

瀬戸神社の奉納行事として行われたもので、農地を開拓、種まき、刈取りの神事を行い、感謝の神楽舞としておさめられてきたものです。五穀豊穣と氏子の安全祈願の意味がこもっています。江戸時代から行われていた村内の大名行列での練り歩き、獅子舞は、明治時代、明治政府の政策(「神官は通俗な民俗芸能を演じてはならないという国家神道の規制」)によって、次第に衰退していきました。
さらに戦後は行列に使用される道具の老朽化、獅子頭の破損によって中断していましたが、昭和62年篤志家から新しい獅子頭が奉納され、それを機に「瀬戸獅子舞」が復活、伯耆神楽の「榊の舞・三方の舞・剣の舞」の3つに扇の舞・修祓の舞・悪食の舞を加えたスタイルを成立させました。