Contents

とっとり伝統芸能まつり

■主催

鳥取県

鳥取県教育委員会

■運営主体

(NPO)プロデュースハレ

 



表彰団体 茶町踊り保存会

演目 茶町踊り

茶町踊りは、古くは「ニガタ踊」とも呼ばれ、毎年8/23に西蓮寺で行われる地蔵会で踊られています。ニガタという名称から昔新潟から伝わったのではないかという説と橋津で働く「荷方」の歌った歌を土地の盆踊りとして採用したのではないか、とも言われています。茶町踊りの唄が日本フォークダンス協会の課題曲になったこともあって、レコード化もされています。しかしながら、一時期は途絶えていおり近年になり復活しました。昭和42年 鳥取県芸能文化祭に茶町踊りとして参加したことから、前身の「茶町踊り保存会」ができ、昭和46年に地元の有志によって「橋津ふるさとの文化を守る会」となりました。