Contents

とっとり伝統芸能まつり

■主催

鳥取県

鳥取県教育委員会

■運営主体

(NPO)プロデュースハレ

 



伊勢大神楽 加藤菊太夫組

演目 伊勢大神楽

伊勢大神楽は江戸時代に成立されたとされ、伊勢国桑名郡太夫村(現・三重県桑名市太夫)と伊勢国三重郡東阿倉川村(現・三重県四日市市東阿倉)を2大拠点として活動していました。昭和29年に三重県の無形民俗文化財の指定を受け、昭和56年には「とくに放下の芸系を遣す演目は、芸能史的に貴重であり、獅子による曲芸という芸能にも特色があると認められ」、国の重要無形民俗文化財の指定を受けています。
伊勢大神楽加藤菊太夫組は、江戸時代から桑名太夫村より毎年鳥取藩の村々を廻っていましたが、明治時代には桑名から現在の南部町天万に移住して伝統芸能を継承しています。現在も本拠地の三重県桑名市にある伊勢大神楽講社に所属して活動を継続し、国の重要無形民俗文化財に指定されています。