Contents

とっとり伝統芸能まつり

■主催

鳥取県

鳥取県教育委員会

■運営主体

(NPO)プロデュースハレ

 



淀江さんこ節保存会(米子市)

演目 淀江さんこ節

淀江さんこ節は幕末頃に北前(きたまえ)船(ぶね)の発達により、九州方面から伝わった民謡がお座敷芸として淀江に定着し、明治から大正にかけて一大ブームを巻き起こしたものです。三味線、太鼓の軽快なリズムに合わせて、左官屋さんが壁を塗り上げる情景をユーモラスに演ずる「壁塗りさんこ」、お祝いの席には欠かせない「銭太鼓」、伝統工芸の淀江傘を用いた「傘踊り」を踊ります。港町特有の明るさと躍動感が感じられる唄と踊りには、観る者を自然と笑顔にする力があります。昭和53(1978)年米子市指定無形民俗文化財。